TRS RR vs GASGAS GP!?


亀岡トライアルランドは雪景色。バックのおしゃれなガレージは木製組み立てキット。亀岡トライアルランドで販売中。いろんな大きさ、形、デザインがあります。http://www.kameokatrialland.co.jp

昨日、2017ニューモデルの試乗取材を行いました。
場所はお馴染み、亀岡トライアルランド。先週の大雪がまだまだたくさんあって、トライアルよりもソリ遊びに最適な感じはありましたが、こちらはお仕事であります。
試乗したのはTRS one RAGA RACING300とGASGAS TXT GP LIMITED 300 それにTXT RACING 300です。
RAGA RACING、GP LIMITEDとも、ハイスペック、ハイグレードパーツを組み込んだ最上級モデルですが、単に「高いパーツをつけたよ!」というだけじゃなくて、それぞれ組み込んでからのトータルバランスを調整してあって「完成車」としていい出来です。大蔵省(現在は財務省に名称変更)のお許しが出るなら、絶対買って損のないマシンです。

RAGA RACINGは、印象ではサスペンションの動きの影響か、フレームの剛性感がスタンダードより若干抑えられた印象になっていて、ストレートオン-泥レベルでは乗りやすくなったと感じます。車体は軽い、バランスが良い、沢を走っても足が出にくい感じです。300はソフトな極低回転域トルクで、とてもゆっくり走られます。マジシャン師匠は、リアサスペンションと車体にマッチングの良さから「ダニエルがとってもし易い!」とご満悦。やや、前重は重量配分も効いています。250は、300と比べるとエンジン回転が上がって行く際のパワーの出方が排気量なりに少ないですね(当たり前)。低回転からブン回して乗る領域までローギヤで走らせるとスムーズは反応で応えてくれます。

TXT GP LIMITED 300は、さすが熟成されたガスガスらしいスムーズなエンジンと安定感のある車体はそのままに「刺々しさがない角が取れたレスポンス」でかなり乗りやすいです。RACING 300はパワフルで元気なエンジンですが、GP LIMITEDはさらに調教された感があります。ただ、カーボンエアクリーナーボックスが付いているはずが、メーカーの諸事情(?)でスタンダードがついて来ていて、カーボン製は後日別便で届くそうです。これに交換すればさらに車重が軽くなるはず。

少し雪がちらついた程度で無事取材を終了。帰りにラーメンで冷えた体を温めて帰りました。いやぁ、良かった良かった。これから大至急で試乗レポートをまとめて、ストレートオン2月号に掲載しますよ!

TRSの情報はこちら
http://ethos-design.info
GASGASの情報はこちら

GASGASのハイエンドモデル、GP。乗ると欲しくなるので、是非乗って下さい。しかし、台数限定販売かぁ。

TRS RRは、アダム・ラガのライディングイメージが色濃く反映されたもの。

さすがの乗りやすさ。GP。

最強ダニエルマシン?TRS RR


Comments are closed